12月セミナー開催しました。

2019年もあと半月・・・。一年経つのも早いものですね。さて、毎月恒例となりましたゆうらりでのセミナーを12月11日(水曜日)15:00~16:30の約90分の予定にて、開催しました。今回は、『見守り機器を活用した在宅生活継続セミナー』と題しまして、2部構成にて講演。第1部は、介護施設コンサルタント 齋藤 直路 先生 をお招きして、介護ロボット開発と重点分野・見守り機器の利用にかかる費用の話やお隣りの市町村である西条市のロボット型見守り機器を使った取り組みの話・ゆうらり昭和館に導入している富士ソフト株式会社開発の『パルロ』の説明をして下さりました。

無題

第2部は、『ゆうらり昭和館での見守り機器活用事例と在宅で活用可能な最新見守りサービス』と題しまして、株式会社セイコー不動産 賃貸事業部部長 山田 壮一郎 先生による講演。介護ロボットと『見守り機器』について・ゆうらり昭和館での活用事例報告・見守り機器活用から見た今後の方向性・最新見守り機器の種類等、実際に活用してきた事例を踏まえながら機器活用におけるメリットやデメリットも交えて詳しく説明して下さいました。

image_20191214_111146CIMG2818

今後、IOT活用の活用の流れからも、在宅での見守り機器の活用は、より一層重要になってくる時代がやってきそうですね。

また、いろいろな見守り機器が開発され、安心・安全な暮らしが出来る様な介護ロボット、見守り機器のこれからの動向が楽しみです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

ハンドベル